光るマンション

マンション修繕工事の必要性と種類

作業員の男性

マンションは、長年住んでいるとあちこち修繕が必要になってきます。修繕が必要な周期というのは、法律で何年に一度しなければならないといったような決まりはありません。
しかし立ったその日から劣化が始まっているという考え方を持って修繕計画を立てなければ劣化を放置することになります。そうなれば長く住み続けるのは難しいでしょう。マンションの修繕工事で主なものはいくつかあります。屋根などは、露出してしまったアスファルトの防水、修繕などです。劣化までの目安期間は10~14年です。屋根の種類により劣化までの目安期間は変わります。外壁は、モルタル塗りの補修、塗装などで9~15年など、こちらも材質や状況により劣化までの年数は変化します。他にも天井、バルコニー、床、エレベーター設備など、沢山の箇所で修繕工事が必要になってきます。しかしこれらの工事が一度に必要な場合もあれば、屋根は必要で、バルコニーはまだ必要ないなど箇所によって変わってくる場合もありますので、マンション修繕工事の専門業者へ依頼する事修繕工事の必要な箇所を見極めることが必要になってきます。専門業者ならそれぞればらばらに修繕を依頼するよりトータルでマンションの劣化状態を見極めることが出来ますので、管理がしやすくなるでしょう。長く快適な住環境を保つために信頼できる専門業者を見つけておく事もマンション管理で重要事項となります。

Update Post