光るマンション

マンション修繕工事は経営上とても重要

ブランコで作業

マンション経営において、修繕工事はとても重要です。
分譲マンションを買うときに、「マンションは管理を買え」とよくいわれます。管理の悪いマンションは、共用部分を劣化させていき、どんどんみすぼらしくなっていきます。一方で管理の良いマンションは、何十年経っても綺麗さが保たれます。それが管理の違いです。ですから分譲マンションを買う際には、管理組合がしっかりしていて、定期的な修繕計画のもと修繕費をしっかり積み立てている物件を選ぶべきだ、と昔からいわれているのです。

そしてこれは、部屋を借りる人にも当てはまる心理でしょう。管理の悪いマンションは敬遠したくなりますし、一方で、管理の良いマンションならばたとえ家賃が高くなっても入居したくなります。当然ですね。
ですから自分がマンションのオーナーになった場合も、定期的な修繕工事をして物件を管理していくことはとても重要になります。一棟のオーナーでも、一室のオーナーでも、それは同様です。修繕工事をろくにせず物件を劣化させていけば、入居者もいなくなります。入居者がいなければ収入もなくなり、修繕工事費用も積み立てられません。悪循環となってしまうのです。マンションのオーナーになった人は、専門業者へ依頼して定期的な修繕工事をおこない、物件をきちんと管理していくことが高収益への道なのではないでしょうか。

Update Post